物損と人身

第一に、交通事故において被害を受けたとき、『どこに被害を受けたのか』という点が重要になります。
例えばそれが車両の被害だけである場合、いわゆる『物損』事故になりますが、けが人が出ている場合、または重傷を負った人がいる場合、それは明らかに『人身事故』として処理されなければなりません。

その被害がどのくらいの規模なのか、それによっても賠償の額は大幅に変わります。これも、当事者が請求を行わなければいけませんから、その時に自分ですべてを行おうとするのと、弁護士に依頼するのとでは、どちらの方がより高額な賠償金を請求することができるでしょうか。それは明らかに、後者の方であると言えます。

弁護士に依頼することによって、より「正当な」賠償金を受け取ることができるでしょう。その差は例において金額の差はありますし、もちろん弁護士に依頼するとなればその料金も掛かります。しかしそれ以上に得られるメリットは大きく、相手の保険会社との交渉も、弁護士が行った方がこちらに有利にはたらくと言えます。

事故後の処理は、迅速かつ正確さが求められます。その事故の規模が大きければ大きいほど、その場でどのような判断をするかということが、結果に繋がります。

Comments are closed.