交通事故は、誰にでも起こり得ます。私達も例外ではありません。いつも車に乗っている身であれば、そういった事態が発生することは0%ではありません。何よりもまずは事故を引き起こさないように安全運転をすることは当然のことながら、いつも自分の運転を見直してみる、セルフチェックを行う事は大切です。最近は、いわゆる高齢者の運転過誤や判断ミス、それに認知症患者の運転による事故が多く発生しています。

こういった事態は確かに高齢者に多く、今後のさらに厳しい対応が求められますが、不注意によって、またはいつもしないようなミスによって多大な事故を引き起こす可能性というのは、たとえ高齢者でなくても私達にはその可能性があります。疲労が重なっていたり、時間が押して急いでいたりすると、私達が行う運転はどうしても荒くなってしまいます。

運転が荒くなると、周囲を確認して判断する能力なども低下しますから、事故が起きやすくなります。一つのミスや気の抜けが、重大な事故を引き起こしかねないことを考えると、事故後の対応を考えることよりも何よりも、運転そのものを改善していくことが第一だと言えます。そして同時に、もし事故が起こった場合にどのように対処すれば良いかを考えておきます。

交通事故において、どのくらいの賠償金…慰謝料を請求することができるか、それはその事故によって大きく異なります。また先ほど指摘したように、弁護士に依頼するかどうかによっても大きく異なります。そこに関係してくることとしては、『後遺障害』が挙げられます。

交通事故によっては、その事故後も症状が続く、後遺障害を負ってしまうことがあります。場合によっては今後介護が無ければ生活していけないような状態になってしまうこともあります。その後遺障害の程度は、いわゆる『等級』によって分けられますが、弁護士に依頼することにより、この等級、そしてそれに及ぶ慰謝料の引き上げ等も行う事ができます。

いわゆる賠償金、慰謝料には、どの程度請求することができるか、という『相場』のようなものがあります。慰謝料と同列に考えるものとして、怪我をしてしまったことによって、これから入院しなければならなくなったための費用、手術等の治療をしなければならなくなった分の費用、事故によって仕事を一定期間休まなければならなくなったための費用、これらも請求する賠償金に含まれます。当事者が死亡している場合、また被害者が子どもか大人かによっても、異なってきます。

関連資料≪http://www.ko2jiko.com/
交通事故被害の慰謝料問題について相談に乗っている「アディーレ法律事務所」です。

next posts >>